【トイレットペーパー】ダブルかシングル!どっちがいいの?

ダブルかシングル!どっちがいいの? TOPICS

普段、トイレを使用するときに使用するトイレットペーパー。トイレットペーパーには『ダブル』と『シングル』と種類がありますよね。みなさんはどちらを使っていますか?今回はトイレットペーパーの『ダブル』と『シングル』の違いとそれぞれどういったメリットがあるのか?それぞれのおすすめトイレットペーパーをご紹介いたします。

【トイレットペーパー】ダブルとシングルの違い

まずは、トイレットペーパーのダブルとシングルの違いをみていきましょう。

長さ

大きな違いとしては、「長さ」にあります。シングルは1枚の紙が巻かれてできています。ダブルは2枚の紙が重なって巻かれています。販売さてているトイレットペーパーは、どちらのタイプも形や大きさは一緒ですよね。ということは、シングルの方が厚みが少ない分、ダブルの2倍近い長さになっています。
長さがシングルの方が使用回数は多く経済的な効果があります。

厚さ

もうひとつは、「厚み」の違いです。先ほど紹介したとおり長さがない分ダブルの方が厚みがあります。厚い紙を使用せず紙が2枚重なっていることで空気を含むことでダブルはふんわりとした使用感を感じることができます。柔らかい使いこごちを感じることができます。

それぞれのメリット・デメリット

違いを理解した上でシングル、ダブルのそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

シングルのメリット・デメリット

シングルのメリットは、とにかく使い方次第で「使用回数」を伸ばすことができ、長さがあるゆえに1ロールの消費をダブルよりも抑えることができます。とにかくトイレットペーパーをコスパよく使っていきたいという人はシングルタイプがおすすめできるでしょう。

デメリットとして、1枚の紙なのでダブルよりも硬い点です。やわらかさを求める方にとってはだダブルを選択した方が良いでしょう。一度にたくさんの紙を使うような人、結果厚みを持たせて使用する人にとっては、結果「ダブルよりも紙を消費してしまった」ということにもなりかねません。

ダブルのメリット・デメリット

ダブルのメリットは、「使いこごち」です。とにかく優しく柔らかい使用感を求める方にとってはダブル一択となります。その使いこごちはなんだか高級感を感じさせてくれます。

デメリットは、やはりすぐに消費してしまうことでしょう。とにかく一度に使用する量が多い人にとってはあっという間に1ロール使いきってしまい、結果トイレットペーパーの購入頻度が増えてしまい生活におけるトイレットペーパーの購入コストが大きくなってしまいます。

おすすめのトイレットペーパー

シングル、ダブルのおすすめトイレットペーパーをご紹介します。ぜひ自分や家族に合ったトイレットペーパーがあればお試しください。

シングルタイプのおすすめトイレットペーパー

【Amazonブランド】Presto! Comfort

【Amazonブランド】Presto!-Comfort

[Amazonブランド]Presto! Comfort トイレットペーパー 長さ2倍巻 100m x 12ロール シングル (12ロールで24ロール分)

シングルタイプで1ロール100mとたくさん使える。フローラルの香りあり。
AMAZONの定期便でお得に購入ができる。

Amazon詳細はこちら

エルヴェール トイレットペーパー 200m×6ロール シングル 芯なし

エルヴェール-トイレットペーパー-200m×6ロール-シングル-芯なし

エルヴェール トイレットペーパー 200m×6ロール シングル 芯なし

長尺タイプで交換頻度を削減し。芯がないため価格が安くゴミの削減にもつながる。

Amazon詳細はこちら

ダブルタイプのおすすめトイレットペーパー

エリエール トイレットペーパー 30m×18ロール ダブル

エリエール-トイレットペーパー-30m×18ロール-ダブル

エリエール トイレットペーパー 30m×18ロール ダブル パルプ100% リラックス感のある香り

柔軟仕上げでふっくらやわらかな肌触り。吸水性に優れているので温水洗浄トイレにも最適です。ミシン目付きで切りとりも簡単。さわやかな花の香り付き。

Amazon詳細はこちら

ネピア プレミアムソフト トイレットロール 日本の美 12ロール ダブル

ネピア プレミアムソフト トイレットロール 日本の美 12ロール ダブル (2枚重ね 25m巻)

ネピア プレミアムソフト トイレットロール 日本の美 12ロール ダブル (2枚重ね 25m巻)

人気のネピアプレミアムソフトの製品がリニューアル。厳選素材を使用、高密度ソフトエンボス加工でふんわりやわらかい使いこごち。

Amazon詳細はこちら


※2022年6月のデータに基づく
※製品の情報は各メーカー・ブランドサイトを確認ください。
※製品使用等、自己責任でお願いします。

トップへ戻る
お気軽にご相談ください。